XMの評判【良い評判&悪い評判】XMの安全性と評価

本記事では、海外FX業者【XM/エックスエム】の評判、安全性、評価についての情報をまとめました。

始めにXMのサービス内容を簡単に確認できるよう記載しています。

次に、利用者の口コミを元に、良い評判と悪い評判をまとめました。

記事後半では、XMの安全性についての情報を確認できるようになっています。

最後に、XMの総合的な評価をまとめています。

 

XMについての情報が、1ページでわかるようになっています。

 

・XMってどんな海外FX業者?
・XMを利用すべきトレーダータイプは?
・XMは危険な業者?

 

上記のような疑問を解消する為の記事です。

 

 

海外FX業者『XM』のサービス概要

XM公式サイトトップページ画像

 

最初に、XMのサービス内容を確認しましょう。

サービスの概要を確認できる表にまとめました。

 

▽XMのサービス内容一覧

最大レバレッジ 888倍
ロスカット水準 20%
ゼロカットシステム 有り
口座開設ボーナス 3,000円
入金ボーナス 有り
両建て可否
スキャルピング可否
EA利用可否
プラットフォーム MT4/MT5
口座種類 3種類
投資商品 為替通貨ペア/57種類
貴金属/4種類
エネルギー/5種類
株価指数/24種類
コモディティ/8種類
入金方法 銀行振込/クレジットカード/デビットカード
bitwallet/SticPay/BXONE
最低入金額 5ドル
運営開始 2009年
ライセンス FSAライセンス(セーシェル)

 

 

XMの特徴

XMの大きな特徴を3点抽出しました。

 

1.海外FXの強みが詰め込まれた口座スペック

XMの口座スペックは、最大レバレッジ888倍、ロスカット水準は20%に設定されています。

追加証拠金が発生しないゼロカットシステムも採用されています。

 

国内FXとは比較にならない高いレバレッジが提供されており、少ない資金でも投資を始めることができます。

ゼロカットシステムにより、預け入れた証拠金以上の損失が発生しても、追加証拠金が求められることはありません。

 

 

2.日本人の利用者数が最も多い海外FX業者

XMは、2017年時点で100万口座を突破しています。

他の海外FX業者は、利用数2位のGemForexという業者でも、2021年9月時点で40万口座です。

 

口座開設数、利用者から観ると、海外FX業界ではXMの1強です。

XMのサービス内容が日本人トレーダーに受け入れられ、支持され続けている結果です。

 

 

3.運営歴は10年以上/抜群の安全性と信頼性

XMは、2009年から運営しています。

10年以上の運営歴は、信頼性の高さを証明する強力な物差しになります。

 

グループ会社は、イギリスのFCAライセンス、キプロスのCySECライセンスという高信頼ライセンスを取得しており、ライセンスによる信頼性の高さもあります。

 

日本人による利用歴、運営歴の長さ、高信頼性ライセンスを保有、とXMの安全性と信頼性の高さを示す客観的な情報は鉄壁であり、他の安定性が高いとされる海外FX業者よりも一段高いところに居ます。

 

 

XMは海外FXデビューに最適な海外FX業者

XMは、口座スペック、スプレッド設定、スワップ設定、投資商品数がバランス良く整っています。

口座開設ボーナス、入金ボーナスも利用できます。

不当な利益取り消しや、資金持ち逃げといった、新興ブローカー特有のリスクも、XMでは無縁です。

 

『海外FX』がどういうものか、知りたい、試してみたいという方はもちろん、海外FXでがっちり稼げるようになりたい、という方まで、幅広いトレーダー層に利用価値があります。

安定性と信頼性の高さは海外FX業者で最も高く、日本語サポートの品質もトップクラスです。

『初めての海外FX』には打ってつけのブローカーです。

 

 

 

 

XMの良い評判/長所

XMの良い評判

  1. ハイレバレッジにより少額からでも大きな利益が狙える
  2. ゼロカットシステムにより借金リスクがない
  3. ボーナスにより自己資金を抑えてトレードできる
  4. 安全性は海外FX業者トップクラス
  5. 出金拒否・出金トラブルのリスクが低い
  6. 公式サイト・サポート共に日本語に完全対応
  7. 為替以外の投資商品も一つの口座でトレードできる
  8. 約定力が高い

 

XMの良い評判を、主にTwitterで調査し、集めました。
良い評判は[XMの長所]とも言えます。

良い評判が寄せられている背景を補足します。

 

1.ハイレバレッジにより少額からでも大きな利益が狙える

XMの最大レバレッジは888倍です。

最大レバレッジが高いことのメリットは、『少額で大きなロットを保有できること』『拘束される証拠金が少なく、許容損失額が増えること』の2点です。

 

国内FXのレバレッジ25倍と比較すると、必要証拠金が大きく異なります。

 

▽レバレッジの違いによる必要証拠金比較

ロット数 XM
レバレッジ888倍
国内FX業者
レバレッジ25倍
0.1ロット(1万通貨) 1,239円 44,000円
0.5ロット(5万通貨) 6,195円 22万円
1ロット(10万通貨) 12,388円 44万円
3ロット(30万通貨) 61,940円 132万円
10ロット(100万通貨) 123,874円 440万円

※1ドル=110円で算出

 

国内FXでは、1万通貨を保有する為に約4万4千円の資金が必要であり、証拠金として拘束されます。

対して、XMでは1万通貨を保有するのは約1,200円で可能であり、拘束される資金も少額です。

 

国内FXでは、自動ロスカット水準が100%に設定されている業者が多いです。

ポジションを保有する為の資金に加え、損失許容額も預け入れる必要があります。

XMでは、ロスカット水準が20%に設定されています。

レバレッジが高いことにより、必要証拠金が少ないことに加え、ロスカット水準も低く設定されており、国内FXよりも有利な環境でトレードができます。

 

レバレッジが高いことによる資金効率の良さは海外FXの持つ大きな魅力です。

準備資金が少額でも投資ができる点、少額からでも大きな利益を狙える点は、国内FXには無いXMの持つメリットです。

 

 

2.ゼロカットシステムにより借金リスクがない

XMのゼロカットシステム

 

ゼロカットシステムによるメリットは【預け入れた資金以上の損失が発生しない】ことです。

 

最大損失額が限定できます。

想定外の値動きが起きて、マイナス残高が発生しても、追加証拠金が求められることはありません。

 

投資をする上で、『損失額が限定できること』はメンタルを安定させることに繋がります。

海外FXの利用経験のある方が国内FXに移行した際に、最も不安になる点が『国内FXにはゼロカットシステム』が無い点です。

 

XMでは、ゼロカットシステムを採用しており、ゼロカットシステムという受け皿の元でトレードができます。

ゼロカットシステムがあるからこそ、ハイレバレッジを存分に利用することが可能となります。

 

 

3.ボーナスにより自己資金を抑えてトレードできる

XMは【口座開設ボーナス/入金ボーナス/ロイヤリティプログラム】の3種類のボーナスが利用できます。

ボーナスによるメリットは【自己資金を抑えて投資ができる】ことです。

 

口座開設ボーナス

XM口座開設ボーナス

 

口座開設ボーナスは、新規アカウント開設を条件に3,000円分の証拠金が貰えます。

口座開設ボーナスを利用すれば、入金することなくリアルなXMのトレーディング環境を試すことができます。

 

口座開設ボーナスのない海外FX業者の場合、リアルなトレーディング環境を試す為には入金する必要がありますが、XMでは入金する必要がありません。

金銭的なリスクを負わずに、リアルなトレード環境で取引できるのが口座開設ボーナスのメリットです。

業者によっては、利益の出金に制限がある業者もありますが、XMではトレードで得た利益は全額出金可能です。

 

 

入金ボーナス

XMの入金ボーナス

 

入金ボーナスは、入金額に応じて証拠金が貰えるサービスです。

XMでは、500ドル分の「入金100%ボーナス」と4500ドル分の「入金20%ボーナス」を提供しています。

 

入金100%ボーナスは、入金額の100%分が『ボーナス』として付与されます。

1万円を入金すれば、倍の2万円の証拠金を元にトレードができます。

 

入金額 ボーナス付与額 合計証拠金
1万円 1万円 2万円
3万円 3万円 6万円
5万円 5万円 10万円
10万円 6万円 16万円
20万円 8万円 28万円
50万円 14万円 64万円

 

入金100%ボーナスを使いたい場合、一度に5万円を入金する必要はありません。

1万円を5回に分けて入金してもOKです。

 

500ドルを使い切った後は、自動的に20%ボーナスに切り替わります。

 

入金100%ボーナスは、あらゆるトレーダーにとってメリットがあります。

ボーナスの無い業者に入金した場合と比較すると、倍の証拠金を元にトレードができます。

証拠金が多いことは、メンタルの安定、投資戦略の多角化に繋がり、通常入金時の倍のロットを保有することも、倍の損失額に耐えることもできます。

 

なお、『ボーナス』はクレジットとしてトレードに使用できるものであり、クレジットの出金はできません。

 

 

ロイヤリティプログラム

XMのロイヤリティプログラム

 

XMでは、『ロイヤリティプログラム』という海外FX業者の中でも珍しいボーナスを展開しています。

『ロイヤリティプログラム』は、トレードする毎に「XMP(エックスエムポイント)」というポイントが貰えます。

XMPは、証拠金としてトレードに使える『クレジット』と交換ができます。

 

トレードする度に、証拠金が貰えるサービスです。

XMPを経由した「キャッシュバック」に近いボーナス内容です。

 

最大で1ロットのトレードで6.67ドル分の証拠金を貰うことができます。

「スプレッドがボーナスに還元されている」と言うこともできます。

実質的に、約0.7pipsのスプレッドがボーナスに還元されていることになります。

 

 

4.安全性は海外FX業者トップクラス

多数存在する海外FX業者の中で、XMの安全性の高さはトップクラスです。

徹底した分別管理により、顧客資金と会社資金は分けて管理されています。

また、金融ライセンスによる客観性の高い信頼性と安全性の高さを備えています。

 

『XM』というサービスは、運営母体とグループ会社によって運営されています。

運営母体は、イギリスのFCAライセンスとキプロスのCySECライセンスを取得しています。

どちらも、非常に信頼性の高いライセンスです。

世界的にはFCAライセンスとCySECライセンスを保有していることの方が『日本の金融庁に認可を受けていること』よりも権威があります。

国際的な機関であるFATFの評価を鑑みても、日本の金融リテラシーは、他の先進国よりも劣っています。

 

また、XMは運営開始が2009年であり、既に10年以上の運営歴がありますが、日本で利用可能な海外FX業者の多くは運営歴が10年未満の業者です。

 

XMは、資金管理体系、金融ライセンス、運営歴による安全性の高さと信頼性を備えています。

 

『海外FXのリスク』の一つに『資金持ち逃げ』『倒産リスク』が挙げられますが、XMに関しては、資金の持ち逃げはあり得ません。

資金を持ち逃げするような業者は、絶対にFCAライセンスやCySECライセンスを取得することができません。

倒産リスクも限りなく0に近いブローカーの内の1社です。

万が一倒産した場合も、資金の分別管理を行っているので、会社の資金が差し押さえの対象にならない限りは、顧客資金はトレーダーに返還されます。

 

この安全性の高さにより、『日本人の利用者数ナンバーワンの業者』として君臨していると言っても過言ではありません。

XMの安全性は、他社に真似できないレベルで高水準で保たれています。

 

 

5.出金拒否・出金トラブルのリスクが低い

『海外FXのリスク』の一つに「出金拒否のリスク」が挙げられます。

XMでは、利用規約に違反しない限り、出金拒否は起こりません。

 

それを裏付けるのは、多数の出金実績とライセンスの取得条件です。

FCAライセンス、CySECライセンスを取得し、保有し続ける為には、【そもそもトラブルを起こさない、起こさせない環境づくり】と、トラブルの際は速やかに解消することが求められます。

 

XMは利用者の絶対値が最も多いので、「出金拒否された」という書き込みやツイートが存在します。

そういった書き込みの真偽は、他者には確かめる手段がありません。

もし『出金拒否』が事実であった場合は、まず間違いなく【利用規約違反】です。

 

利用規約に抵触していないトレーダーの方に対して、『不当に利益取り消し』や『出金拒否』をするブローカーの場合、FCAライセンス、CySECライセンスを取得することができません。

10年以上に渡り、世界中のトレーダーに利用され続けることもありません。

 

『出金拒否がないこと』『真っ当に運営されている業者であること』を客観的に示すことは難しいのですが、お金を扱う金融業界では、運営歴が最も信頼できる物差しになります。

 

XMには10年以上の運営歴があります。

あなたが利用規約に抵触する行為をしない限り、XMで出金拒否されることはないでしょう。

 

 

6.公式サイト・サポート共に日本語に完全対応

XMの公式サイト、サポートは日本語に完全対応しています。

XMを利用する為に、英語力は必要ありません。

 

公式サイトの日本語表記が不自然な海外FX業者もありますが、XMは綺麗な日本語で整えられています。

是非、一度ご自身の目で公式サイトを確認してみてください。
FAQも充実しています。

 

また、XMのサポートは海外FX業者の中でも指折りの品質の高さです。

返答内容は理解しやすいものであり、丁寧な文章です。

返信に要する時間は、多くの場合短時間です。

ライブチャットを利用すれば、待ち時間はほとんど発生しません。

 

 

7.為替以外の投資商品も一つの口座でトレードできる

XMでは、以下の投資商品が取引できます。

為替通貨ペア/57種類
貴金属/4種類
エネルギー/5種類
株価指数/24種類
コモディティ/8種類

 

一つの口座で、上記の投資商品が全てトレードできます。
ただし、『ゼロ口座』は為替と貴金属のみです。

 

他の海外FX業者と比較すると、株価指数が『現物と先物』の2種類がトレードできる点と、ココア、コーヒー、砂糖などのコモディティが取引できる点は珍しい点です。

 

人気の高い投資商品である、ゴールド、原油、主要株価指数は全てトレード可能であり、投資商品の網羅性は、XMの持つメリットの一つです。

 

 

8.約定力が高い

トレードに必須の要素である『約定力の高さ』と『サーバーの安全性』をXMは高い水準で満たしています。

99.35%の注文が1秒以下で執行され、ほぼ発注と同時に約定されます。

また、「執行率100%」を謳っており、注文の拒否、リクオート(再承認)が発生しません。
スキャルピングトレーダーにとっても、ストレスのないトレーディング環境です。

国内FXでは、スキャルピングは歓迎されず、場合によっては口座の凍結がされたり、利益の取り消しがされることもあります。

しかし、XMは、明確にスキャルピングが認められています。

<これらを可能にしているのが、透明性の高いNDD方式の約定方式です。

国内FX業者の多くが採用しているDD方式では、スキャルピングトレーダーは歓迎されません。

 

XMのサーバーの安定性は、XMの強みであり、荒れた相場でも約定力が低下することがなく、チャートが固まったりすることもありません。

 

2021年8月には、『ストップレベルが0』に改善されました。

EAも制限なく利用可能です。

 

 

 

XMの悪い評判/短所

XMの悪い評判

  1. 国内FX業者と比較するとスプレッドは広い
  2. 個別株の取り扱いはない
  3. 出金手数料が発生する
  4. 口座維持費が発生する

 

XMの悪い評判をまとめました。

XM利用者が不満を感じている点は上記の3点です。
悪い評判=短所として、XMの悪い評判を補足します。

 

 

1.国内FX業者と比較するとスプレッドは広い

国内FX業者と海外FX業者では、約定方式が異なります。

海外FX業者の多くは、NDD方式を採用しており、変動スプレッド制です。

対して、国内FX業者の多くは、DD方式を採用しており、原則固定スプレッド制です。

 

『ドル円』『ユーロドル』などの主要通貨ペアのスプレッドは、国内FX業者の方がずっと狭いのは事実です。

 

『スプレッドを固定すること』『スプレッドを過剰に狭くすること』で、別の部分が割りを食っているということです。

国内FXは、スプレッドを狭く、原則固定にする為に、レバレッジを低くし拘束する証拠金の金額を増やし、ゼロカットシステムは採用せず、豪華なボーナスは提供していません。

DD方式は、注文をインターバンクに通さず、会社で注文を呑むことで利益を上げる営業形態です。

値動きの透明性は担保されず、スキャルピングや大きなロットの取引は歓迎されません。

 

XMを含む海外FX業者は、スプレッドが広い反面、透明性の高いNDD方式を採用しています。

『スプレッドの広さ』は海外FXでトレードする上で、許容しなくてはならないことの一つです。

しかし、グローバルな視点で見れば、海外FX業者のスプレッド設定値がスタンダードであり、日本のFX業者の設定値の方が異端であることは知っておいた方が良いです。

 

なお、「国内FXor海外FX」の議論は、ここでは詳述は避けますが、どちらも長所と短所があります。

国内FXのサービス形態は、税制も含め、3,000万以上の投資用資金がある人には長所の方が大きいです。

理想形は海外FXで資金を増やした後に国内FXへと移行することです。

 

当サイトは、一方的に海外FXを推奨するサイトではありません。

<海外FXについての正確な情報を提供することを目的としています。

国内FXには国内FXのみが持つ特有のメリットがあります。(主に税金面です)
両者の良い側面と悪い側面を提示せずに「海外FXはダメだ」と強烈に国内FXを推奨するサイトや情報発信者、逆に「国内FXはダメだ」と、一方的に海外FXを推奨しているサイトや情報発信者に対しては、警戒レベルを引き上げた方が良いです。

 

 

2.個別株の取り扱いはない

近年人気が高まっている米国株など、株式CFDの取り扱いはありません。

XM以外の海外FX業者では、株式CFDの取り扱いがある業者も珍しくありません。

業者によっては、現物株、ETFの取引が可能な業者もあります。

 

株式CFDを取引したい場合は、別の海外FX業者を利用しましょう。

 

 

3.出金手数料が発生する

XMでは、40万円以下の出金の場合、2,500円の出金手数料が発生します。

他の海外FX業者であっても、出金時は所定の手数料が発生するのは一般的ですが、無料で出金可能な海外FX業者もあります。

 

XMで出金する際は、出金手数料が発生する点はデメリットです。

しかし、利益が40万以上出てから出金するようにすれば、このデメリットは無くすことができます。

 

 

4.口座維持費が発生する

XMでは、90日間取引がないと『休眠口座』と見なされます。

>休眠口座になると、ボーナスが消滅し【毎月5ドル】の口座維持費が発生します。

 

なお、残高が0の場合は、口座維持費は発生しません。

しばらく利用する予定がない場合や、他社に乗り換えたい場合は、口座内残高を0にしておきましょう。

XM公式サイトを確認する

 

 

 

XMの安全性

XMの安全性

 

本項では、XMの安全性についてまとめました。

各評価指標に関して、詳細にまとめました。

 

 

XMの運営会社情報

XMというサービスの運営会社情報は以下の通りです。

運営会社名 Tradexfin Limited
(Trading Point of Financial Instruments Ltd)
会社所在地 F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
資本金 360,000,000ドル
従業員数 200名以上
設立 2009年

※資本金、従業員数、設立はグループ全体の数字

 

[Tradexfin Limited]という会社は、『Trading Point of Financial Instruments Ltd』という大企業のグループ会社です。

【XM】というサービスは、全体としては「Trading Point」という大企業によって運営されており、196ヵ国の国々でサービスを展開し、対応言語は30言語にも上ります。

アジアを管轄するグループ会社の一つとして『Tradexfin Limited』という会社があり、【XM Trading】という名称でサービスを展開しています。

 

 

XMのライセンス

XMのライセンス

 

日本人を管理する『Tradexfin Limited』は、セーシェル共和国のFSAライセンスを取得しています。

FSAは『Financial Services Authority』の略で、金融庁のことです。

セーシェル共和国という国の金融庁に認可を受けており、ライセンス番号はSD010です。

 

運営母体であるTrading Pointは、グループ会社を含めると以下の5つのライセンスを取得しています。

 

ライセンス名 発行元の国 ライセンス番号 取得会社名
FCAライセンス イギリス 705428 Trading Point of Financial Instruments Pty Limited
CySECライセンス キプロス 120/10 Trading Point of Financial Instruments Pty Limited
ASICライセンス オーストラリア 443670 Trading Point of Financial Instruments Pty Limited
IFSCライセンス ベリーズ 60/354/TS/19 XM Global Limited
DFSAライセンス ドバイ F003484 Trading Point MENA

 

イギリスのFCAライセンスとキプロスのCySECライセンスは、非常に信頼性の高い金融ライセンスです。

イギリス、キプロス共に、国際的な評価の高い国であり、ライセンス取得にあたっては、企業の資金力、管理体制、高いセキュリティ、厳格な個人情報の管理、など様々な要素が求められ、全ての基準を上回らないと認可が受けられません。

 

『金融ライセンス』は定量的な基準を満たさないと取得することができません。
金融ライセンスを複数保有していることは、客観的にわかりやすい指標として使うことができ、信頼性の高いライセンスを保有していることは、安全性が高いことを示します。

 

 

資金管理

 

XMの分別管理

 

XMの資金管理体系は【分別管理】です。

 

FAQでは、以下の内容が明言されています。

①顧客の資金を分別管理している
②資金は優良金融機関に預託している
③各種リスクに備えて十分な資金を保持している

 

上記内容は、日本人顧客を管轄する『Tradexfin Limited』が利用顧客に対して明言している内容です。

ライセンス元の情報開示制限により、顧客に開示できない情報もあります。

 

分別管理と信託保全の違い

『顧客資金』と『会社資金』を分けて管理している点は共通。

会社が破綻した際、信託保全であれば、顧客資金は全額返還される。
分別管理の場合、資金が差し押さえ対象になると顧客資金は返還されないことがある。

 

XMは、そもそもの倒産リスクが非常に低いブローカーですが、万が一、破綻した場合でも、資金が差し押さえられない限り資金はトレーダーに返還されます。

 

XM公式サイトを確認する

 

 

 

XMの評価

XMの評価

 

最後に、XMの総合的な評価をまとめます。
XMのサービス内容は『海外FX』というサービスの王道の中の王道を行っています。

珍しいサービスや、尖った箇所はありません。

XMがNo1業者たる理由は、恐ろしく高い平均点の高さです。

『海外FX業者』として必要な要素が全て揃っており、その要素が高い水準で整えられています。

FXビギナーから熟練の海外FXトレーダーまで、幅広いトレーダーの要望を満たせるサービス内容です。

 

XMは『最大レバレッジ888倍/ロスカット水準20%/ゼロカットシステムあり』と口座スペックは優秀です。

ボーナスも利用可能、投資商品も豊富、と【海外FXというサービスの強み】が存分に詰め込まれたサービス内容です。

グループ全体としては多数の高信頼ライセンスを保有しており、10年以上の運営実績、日本人による利用実績も長く【企業としての信頼性の高さ、日本人にとっての安全性の高さ】は数ある海外FX業者の中でのトップに位置します。

 

口座開設ボーナスも利用できるXMは『初めての海外FX』に最も適した海外FX業者です。

詐欺業者、悪徳業者である可能性は0と言い切れる希少な業者です。

 

『海外FXが初めて』という方は、最も安全性の高い業者であるXMから【海外FXというサービス】に触れてみましょう。
私も、初めて利用した海外FX業者はXMです。

 

 

XM公式サイトを確認する